MENU

学生ローンのカレッヂの審査などに関する解説をまとめました!在籍確認、増額、おまとめ・借り換えも包含!

カレッヂとは?

 

カレッヂは大学生を向けと講じる「学生ローン」を扱っている消費者金融だ。

 

主に、まだ割賦に慣れていない大学生に対して安全でわかりやすさのおっきい割賦サービスを提供している消費者金融となります。

 

まだ割賦を利用した所の乏しい大学生が、直ぐに銀行や大手消費者金融に申込めない大学生を標的としているのです。

 

20年の年代制限があるものの、多くの大学生(大学生・大学院生、専用学校の専用大学生、短大中継)が利用しております。

 

大学生の奴で儲けに耐える、それでもスゴイ割賦を申込めないという奴は、できるだけお発注をご研究下さい。

 

カレッヂのように学生ローンを専門に向き合う消費者金融はあるのですが、そういう消費者金融以外でも本当は大学生消耗は可能なのです。

 

大手消費者金融系統サポートのプロミスは20年以上の大学生の方も利用できる割賦サポートとなります。

 

プロミスは金利も低めですし、無利息キャッシングサポートもあり、尚且つ即日融資もして受け取れるのです。

 

つまり、大学生の奴にも便利にご消耗受け取れるサポート仕様ですので、肝っ玉を持ってプロミスに頼むこともお求め行う。

 

カレッヂの審査と在籍確認

 

カレッヂなのですが、大学生の奴に対しても審査を行いますので、通過しないと利用することはできません。

 

大学生専門の割賦サービスを提供していると言っても、別途審査を軽く行なうわけではないのです。

 

つまり、カレッヂの審査横断基準に達していない奴は審査横断が見込めないので、ご配慮下さい。

 

正しくカレッヂ審査の対策をして、カレッヂ審査にスムーズに通過しましょう。

 

カレッヂの審査それでは、大学生の申込者に「安定した売り上げがあるか」という事に注目されております。

 

大学生の奴に安定した売り上げがあれば、カレッヂから借りた儲けに利息をつけて返済することが可能と判断してくれるのです。

 

つまり、カレッヂ審査スキームとして大学生の皆様が行うことは、売り上げを安定させることとなります。

 

なお、売り上げとして「奨学稼ぎ」や「仕送り」などは該当しないので、その点には注意しましょう。

 

カレッヂは皆様が自身が収入を得ているかという事を確認しております。

 

奨学稼ぎは学資を借りておるようなメカニズムですし、仕送りは親権パーソンの売り上げから寄付されているもので、とも大学生自身に売り上げがあるとは認められません。

 

大学生の方もパートタイマーなどをするなどして、ご自身の売り上げを安定させるため、審査横断が可能となるでしょう。

 

なお、これはカレッヂに限らず、大手消費者金融系統サポートのプロミスもみたいとなっております。

 

プロミスは消耗条件として「安定した売り上げの堅持」という事を挙げていますので、大学生の方もパートタイマーなどすれば消耗規定が満たせるのです。

 

消耗規定が満たせていれば返済力有りと判断されて、プロミス審査に横断できるようになるでしょう。

 

なお、審査といえば在籍確認が行われますが、これは学生ローンのカレッヂけれども行われます。

 

在籍確認というと電話連絡で受け取れる結果、父母バレやパートタイマー先に割賦消耗がバレることを心痛なさる大学生もいらっしゃるでしょう。

 

とりあえず、父母バレですが、カレッヂはアパートに電話連絡などをすることはない結果、カレッヂの消耗はバレません。

 

パートタイマー先には審査在籍確認の電話連絡をやるものの、カレッヂの氏名は明かさない結果、パートタイマー先にも割賦消耗がばれることはないでしょう。

 

つまり、カレッヂ審査における在籍確認の呼出から、大学生の皆様が割賦を利用していることが洩れることはないので、ご歓喜下さい。

 

なお、やっぱり審査在籍確認の電話連絡が気になってカレッヂに申込めないのでしたら、モビットへの申込みもお求めだ。

 

消費者金融モビットのホームページ完結申込みですと、カレッヂとは異なり、在籍確認を文書チェックで行うため、皆様の割賦消耗がばれることがありません。

 

カレッヂの増額

 

カレッヂは大学生専門の割賦サポートということもあって、マキシマム限度額が低めに設定されております。

 

そのため、十万円ごとの融通となると、少額キャッシングよりは利用し難いのです。

 

とにかく、大学生を対象としているだけあって、少額キャッシングに特化して要る傾向にあります。

 

ひとまず、日程どおりの返済を増やすことによって増額していくことは可能ですが、カレッヂは増額して上等融通を始めるよりも、少額融通に特化した遊び方のほうがお求めだ。

 

増額していって上等融通をしてもらうという所でしたら、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスのほうが適しているといえるでしょう。

 

プロミスのマキシマム限度額は500万円と、銀行と然近く貫く上等融通にまで対応している消費者金融系統サポートだ。

 

大学生の方もプロミスでの良好な返済功績を積み重ねて出向くため、増額していくことが見込めます。

 

勿論、増額審査の結果が良好でないと増額していけませんが、しっかりとした返済と安定した売り上げを維持しているのでしたら、見通しは望めるでしょう。

 

カレッヂのおまとめ・借り換え

 

複数社のキャッシング借入れを最初事務所で取りまとめることを、おまとめ・借り換えといいます。

 

カレッヂは何度も繰り返しているように、大学生専用の割賦サポートだ。

 

大学生が複数社から借入れをやるという状況はいまひとつみられないので、カレッヂもおまとめ・借り換え尖端として利用されることは僅かのです。

 

ですが、中には特別な事情があって複数社から借入れをやる大学生の方もいらっしゃるでしょう。

 

こういう事情があるのでしたら、おまとめ・借り換え尖端としては三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』のほうがお求めだ。

 

バンクイックは歳4.6%〜14.6%とおまとめ・借り換え尖端として役立つ小さい金利セッティングとなっております。

 

また、返済サポートも充実してあり、返済順番自体が他の消費者金融・銀行に比べて優秀です。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』でおまとめ・借り換えできれば、大学生の方も皆済の進路が近付くことでしょう。